FC2ブログ

秋のあなたの空遠く

 はいはいどうもこんにちは。絶賛論文に追われ中の三年岡田です。

 まずは報告から
 10月18日に御嶽山のチャリティーイベント『フラメンコフェスティバル』に参加させていただきました。参加できる部員が限られてしまいましたが、大変良い経験をさせていただけたように感じています。このようなイベントに呼んでいただけるのはありがたい限りです。
20151020143651143.jpg

 次に宣伝です。
 今年も銀嶺祭の季節がやってきました。10月31日、11月1日の土日で行われます。今年もフラメンコ部は参加します。2日間で全四公演行いますのでぜひいらっしゃって下さい。他キャンパスの部員も駆け付けてくれるそうなので、皆でワイワイ楽しくできたらいいな~と思っています。特に今年は幹部学年である私達三年生が主体なので楽しみですね。私は前準備・練習にあまり関われませんが……。
今年もまたワンドリンク制で前売り券250円、当日券300円です。
場所は第二講義棟51番教室
時間は一日目 第一公演10時30分~、第二公演15時~
   二日目 第一公演12時30分~、第二公演16時45分~
合間の時間には琴サークルの『ことこと』さんによる演奏がありますのでそちらもぜひご覧ください。
20151020143651076.jpg
スポンサーサイト



怒濤の10月

こんばんは。季節の変動で鼻の粘膜やその他諸々の身体機能が低下している副部長桃です。
強靭な鼻の粘膜がほしい

この10月はフラメンコ部にとってたいそう忙しい時期であります。すなわち、明後日は御嶽にてフラメンコチャリティーイベントがあり、ハロウィンの時期には銀嶺祭があるということなのです。

昨日からギター、カンテ、バイレ揃っての合わせがはじまりました。
最近はRafael Romeroにはまっています。なぜって渋くて素敵だからです。
東京公演でカーニャを歌うにあたって、音源がそれほど見つからなかったカーニャを歌っている貴重なカンテだと思うけど、それはもしかしたら私の検索不足なだけでしょうか。
カーニャはともかく、El poloをカンテとギターでやりきれたらかっこいいなぁと思うけど、渋くじわじわと感情を募らせるようなカンテとギターのみの舞台は、それこそ力量を問われるもの、かつ聴く方の力も同時に問われるものであると思う。バイレはその華やかな衣装と身体の動きで感情の色々なものを視覚化した動きで表現するけど、カンテとギターを彩るのは極彩色の衣装でも華麗な足打ちでもなく本人達の作る音、そこにのせる感情だけなのだから。

自分が歌において出す感情が、バイレやギターやみるひとを巻き込んで鋭く胸を衝くものや色んな形で盛り上がるものであってほしいと思います。
なんやかんやで、いろいろな公演が間近な訳ですが、もしフラメンコを鑑賞する機会がある方、もしくは銀嶺祭にいくぜ!って方、なんなら明後日の御嶽もいく!という方、また各大学で行なわれるフラメンコ部、フラメンコサークルの公演みるんだ!とかとにかくフラメンコに触れる機会のある方はどうぞ、美しいバイレさんのみならずバックで地道に音を紡ぐ人々にも目を向けてみて下さい。

ではまた。
プロフィール

呪われた血筋

Author:呪われた血筋
 こんにちは。信州大学フラメンコ部です!
私たちは部員は20名弱と小規模ながら、歌あり、踊りあり、ギターありの本格的なフラメンコをめざす少し珍しい部活です。
現在松本キャンパスを中心に日々マイペースに活動中!

依頼等↓のアドレスで受け付けています!
flamenco.en.shinshu2013@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR